女子バレー江畑の勝負メシには、意外な理由が!どんな効果があるのか?

注目記事!!

女子バレー江畑の勝負メシには、意外な理由が!どんな効果があるのか?

アスリートは、毎回最高のパフォーマンスをするために、体調管理をしなければいけません。

 

さらに、ゲンを担ぐということもします。

 

一流アスリート達は紙一重の戦いをしています。

 

そこで「運」という要素も大切にしています。
そのため、ゲン担ぎもしているアスリートは多いです。

 

 

以前、メジャーリーガーのイチロー選手が毎朝カレーを食べるというので話題になりました。

 

 

アスリートには、勝負飯があるんです。

 

勝負の時は、これを食べる!
「勝負メシ」

 

元全日本女子バレー選手、江畑幸子選手も勝負メシをもっています。

 

どんなものを食べているのか気になります。

 

 

 

今回は、江畑幸子選手の勝負メシについて徹底検証します!

 

 

 

 

江畑幸子選手の勝負飯

 

 

 

江畑 幸子(えばた ゆきこ)選手は全日本で活躍された選手です。

 

現在はVチャレンジリーグのPFUブルーキャッツはに所属しています

 

 

力強いスパイクが持ち味です。

 

 

 

 

江畑幸子選手の勝負メシは「おにぎり」

 

意外ですね!

 

おにぎりなんてシンプルで、勝負飯になるのかと思っちゃいますが。

 

それには、深い理由があるんです。

 

 

 

おにぎりの勝負メシ

 

 

実は、おにぎりを勝負メシにしているアスリートいるんです。

 

羽生結弦君。浅田真央ちゃん、高橋大輔選手。
など。

 

 

羽生君は、普通の三角のおにぎりは「3」で縁起が悪いので、俵型にしているんだそうです

 

 

おにぎりは2個食べると胃の中で3時間で消化されます。

 

 

よく言われているかつ丼。
かつ丼は、消化が悪く12時間も胃の中に残っているんです。

 

 

そうすると、集中力が胃に分散してしまいます。

 

パフォーマンスが落ちてしまいます。

 

そんなことから一流のスポーツ選手・アスリートたちは、常に消化の良い食事を心掛け、

 

また試合中の空腹を避けるために様々な工夫をしています。

 

食べるならおにぎりがいいんです。

 

 

 

おにぎりの別の呼び名は「おむすび」

 

 

そこからゴールへ「結びつける」という意味合いから勝負メシとして浸透しています。

 

 

おかかのおむすびも縁起がいいようです。

 

 

おかかは「かつお節」のこと。

 

「かつお=勝つ」。

 

これで「おむすび」と「カツオ」のダブルで縁起が担げます。

 

 

勝負メシはほかには、

 

・かつ丼

 

・魚

 

・フルーツ

 

などがあります。一流アスリート達は色んなことを試しているんですね。

 

 

まとめ

 

 

一流アスリート達が持っている勝負メシ。

 

元全日本女子バレー選手の江畑幸子さんも「おにぎり」の勝負メシを持っています。

 

 

 

 

 

おにぎりを食べて、集中力を高め、運を手に入れ勝負に挑んでいます。

 

ちなみにイチローが毎朝食べていたというカレーは江畑幸子選手は、嫌いだそうです。

 

 


木村沙織選手 迫田さおり選手 鍋谷 友理枝選手 宮下遥選手 長岡 望悠選手 バレー美女まとめ