バレーボールのネットの高さ!年代や男女でで異なる!

注目記事!!

バレーボールのネットの高さ!年代や男女でで異なる!

バレーボールで自分チームと相手チームをはさむ、ネット。

 

ネットの高さは、小学校、中学校、一般で異なります。
そして、男女によっても異なります。

 

バレーボールを普及を始めたとき、
バレーボールで男女での差別は「ネットの高さ」だけと明記されました。

 

男女のバレーボールの違いは、ネットの高さだけです!

 

社会人となると男女でネットの高さが約20pの差があります。

 

男女は身長の伸びが異なり、年代によってネットの高さが設定されています。
pも細かく規定されています。

 

バレーボールは6人制がメジャーですが、9人制のバレーも行われており、
6人制とは異なるネットの高さとなっています。

 

 

 

小学校

 

6人制の場合

 

男子 2m

 

女子 2m

 

小学生には男子と女子の身長差があまりないので、男女ともに2mとなっています。
女子のほうが大きい時期もあります。

 

これは、6人制の場合。
9人制のバレーボールの場合は、1.9mとなっています。

 

これは、6人制のバレーは世界でよくやられていますが、9人制の場合はアジア圏内でよくやられています。
アジアは平均身長が低いので、それを考慮しての設定だと思われます。

 

中学 6人制

 

男 子  2m30p

 

女 子  2m15p

 

 

中学生となると、男子は身長が伸びます。
男女での差は開いてきます。

 

そこで、ネットの高さにも表れています。

 

9人制の場合

男子 2m15p
女子 2m

 

高校生 6人制

 

男子 2m40p

 

女子 2m20p

 

高校生になると、男女の身長差は明らかに違ってきます。
それが、20pの差として設定されています。

 

 

9人制

 

男子 2m25p

 

女子 2m05p

 

高校生になるとほとんどが、6人制のバレーをやっているそうです。

 

大学 一般 6人制

 

男子 2m43p

 

女子 2m24p

 

大学と一般は同じ高さになります。
小学校の時と比べると、男子は43p。女子は24pも高くなっています。

 

女子日本代表では、ジャンプすれば最高到達点が3mを超えることはよくあり、ネットの高さを悠々超えている。


木村沙織選手 迫田さおり選手 鍋谷 友理枝選手 宮下遥選手 長岡 望悠選手 バレー美女まとめ