バレーのレセプション!レセプションアタッカーとは?ポイントゲッターとの違い!

注目記事!!

バレーのレセプション!レセプションアタッカーとは?ポイントゲッターとの違い!

バレーボール観ていると使われるレセプション

 

レセプションが得意な選手ですねーと解説者が使うようになりました。

 

果たしてレセプションとは?

 

レセプションアタッカーとは?

 

いいレセプションとは?

 

なぜ、サーブはアタッカーが狙われるのか?

 

まとめてみました!

 

 

 

レセプションとは

 

"reception of service" の略で "reception" は「受け取ること」です。

 

日本でいうサーブレシーブのことです。

 

海外では「レセプション」という言葉を使うようになりました。
プレーの現場でも使われていますが、僕ら観ている人にはまだ浸透していないようです。
解説者もレセプションという言葉を使うこともありますが、わかりやすくサーブレシーブと使うこともまだまだあります。

 

日本ではまだまだ浸透しなそうです。

 

相手スパイクをレシーブすることは?

 

「ディグ」と使います。

 

ディグ(Dig)Dig=掘る動作に似ていることから、
相手スパイクのボールを受けることです。

 

国際的にスパイクレシーブは一般的でなく、ディグという用語を使用しています。

 

レセプションアタッカーとは?

 

レセプションアタッカーとはレセプション(サーブレシーブ)もし、
そのあとの攻撃にも参加する選手のこと。
レシーブ力、攻撃力が求められ、オールラウンドプレーヤーです。

 

 

 

日本のレセプションアタッカー

 

木村沙織、石井優希、鍋谷友理枝、内瀬戸真実、古賀紗理那
などです。

 

逆にレセプション(サーブレシーブ)に参加しないアタッカーのことを「ポイントゲッター」と言います。

 

ポイントゲッター

迫田さおり、江畑幸子、長岡望悠、宮部藍梨

 

よいレセプション(サーブレシーブ)とは?

 

きっちりネット際中央のセッターがいる位置に返り、セッターが動かずにトスができるのが理想ですよね。
さらに、回転が少なく練習の時と同様な弾道で返せるといいレセプションとなります。

 

最近は各チームサーブに工夫がされており、強いサーブで攻めてきます。
中々、セッターに返らないこともあります。無理やりネット際のセッターに返そうとすると、ネットを超えて相手にボールがわたってしまうリスクがあります。

 

それよりも、強いサーブに関しては、アタックラインあたりに上げ、セッターが走り込みトスを上げることも戦略として考えています。

 

アタックラインの位置からでも、クイックや平行トスなどの様々なトスを上げることができるからです。

 

 

レセプション(サーブレシーブ)を担当するのは、

 

基本2人〜3人です。少数精鋭主義です。

 

ジャンプサーブは3人体制、フローターサーブは2人体制と言われています。

 

眞鍋監督は、どんなサーブでも2人態勢で試合をこなしていました。
ただ、最終予選の韓国戦の時に、サーブレシーブがうまくいかず戦術変更で3人体制にしました。

 

リベロとレフト・ライトアタッカーのうち3人から2人。

 

それ以外のセッター、センタープレイヤー、担当しないアタッカーはレシーブに邪魔にならないようにコートの端にいます。
攻撃準備をしているわけです。

 

サーブがアタッカーを狙う理由。

 

 

レセプション(サーブレシーブ)をしているのはリベロとアタッカー。
リベロが守備専門のスペシャリストということもありますが。

 

アタッカーにレシーブをさせて攻撃に参加するのを遅らせることを考えて狙ったりします。
アタッカーがレセプション(サーブレシーブ)が下手なわけでなく、攻撃のリズムをずらすのが狙いです。

 

もう一つの理由は、アタッカーがレセプション(サーブレシーブ)を失敗すると、攻撃であるアタックも合わなくなってくるといわれているからです。

 

 

攻撃を多彩にしていくためには、レセプションがうまくいかなければなりません。
レセプション担当の2人には相当なレシーブ力と判断力が必要とされています!