バレーボールのスパイクやサーブってどれくらいのスピードがでているの?

バレーボールのスパイクやサーブってどれくらいのスピードがでているの?

テレビ中継で見ていると、トスが上がったときにはあっという間にスパイクが決まっています。

 

目ではおいきれません。

 

テレビというのは、実際よりゆっくりに見えるというようにいわれていますから、実際はもっと速い。
それを、レシーブしたりしているわけですから、相当の動体視力と反射神経が求められているわけですね。

 

サーブやレシーブはどれくらいスピードがでているんでしょうか?

 

全日本の選手はだいたい以下のスピードが出ています。

 

男子: サーブ約110km  スパイク約140km
女子: サーブ約70km  スパイク100〜110km

 

 

調べてみると
130〜160キロでるという人もいます。
おそらく、男子及び外国人だと160ぐらい出るんでしょうね。

 

そんなの反応できるんでしょうか。

 

 

 

 

 

野球と違ってスピードガンで計測されているわけではないので、各個人の正確なスピードはわかりませんが、女性は大体100キロ前後。

 

 

100キロオーバーの速さで、高いところから打ち下ろされるわけですから強烈です。

 

普通にレシーブしても痛そうですね。

 

他のスポーツでは

 

他のスポーツのスピードは大体こんな感じ

 

サッカー 120キロ
バトミントン 350キロ
ハンドボール 140キロキロ
錦織選手(テニス) 180キロ
卓球 192キロ 200を超えることも

 

もちろんどのスポーツもめっちゃ速いです。

 

 

 

 

 

みてるだけなら簡単!

 

ただ見てるだけだと、なんでミスるんだ。もっとしっかり見ろ!
なんでそんなボールをとれないんだ!

 

とか勝手に批判しちゃいますけど、トップアスリートたちは、0コンマ何秒という世界で戦っているわけです。
さらに、コースやボールの回転量などを加えたり、加えられたたりされているわけです。

 

その時間に色々判断して、レシーブをしているわけですね。
思っている以上にきついです。

 

 

まとめ

 

バレーボールのスパイクの速さ、まじかで見ると相当速いです。
痛いだろうし、相当ボールに飛び込みには勇気がいりますよね。
強烈なスパイクを難なく、レシーブをしている選手、尊敬します!