内瀬戸真実バレー選手のレセプションがうまい!小さな巨人と言われるゆえんとは?

注目記事!!

内瀬戸真実バレー選手のレセプションがうまい!小さな巨人と言われるゆえんとは?

サーブレシーブが超絶うまいと評判の内瀬戸真実選手。

 

全日本代表として、選ばれて活躍しています。

 

海外ではサーブレシーブのことをレセプションといいます。

 

 

身長は170pと大きくないですが、アタックもバシバシ決めちゃいます。

 

小さな巨人と呼ばれている、内瀬戸真実 選手について調べてみました。

 

 

 

 

 

 

内瀬戸真実選手 プロフィール

 

 

内瀬戸真実(うちせと まみ)

 

生年月日:1991年10月25日(24歳)

 

出身地:宮崎県延岡市

 

身長:170cm

 

体重:69kg

 

所属:日立リヴァーレ

 

利き手:右

 

 

 

現在までの経歴

 

高校時代から1年生からレギュラーとして活躍します。

 

 

 

高校

延岡学園高校

 

 

 

1年先輩に、元全日本代表の新鍋理沙選手がいる。

 

卒業後は、実業団に入らず、大学へ進学します。

 

 

 

大学

鹿屋体育大学

 

4年生の時には、全日本大学男女選手権大会優勝します。

 

その時には、スパイク賞・ブロック賞およびレシーブ賞を獲得します。

 

大学卒業後はVプレミアリーグ日立リヴァーレに所属します。

 

2015年には、日本代表に選出。

 

2016年のアジア最終予選の代表メンバーとしても選ばれています。

 

 

 

 

 

内瀬戸選手のプレースタイル

 

 

 

レセプションがうまい!

 

「レセプションがずば抜けて上手い!」

 

と言われているんです!

 

 

 

 

レセプションとは?

 

サーブレシーブのことです。

 

サーブレシーブをしっかり、セッターに返すことで、アタッカーにトスがまわせ、攻撃が決まりやすくなります。

 

サーブレシーブがうまくいくことで、攻撃の幅が広がり、日本の変幻自在の攻撃戦術がとりやすくなります。

 

日本の場合、身長というハンディーを持っていますので、サーブレシーブを確実にするというのは絶対なんです。

 

そういう意味でも内瀬戸選手は貴重な存在なんです。

 

 

 

そして、内瀬戸選手のサーブもすごい!

 

 

内瀬戸選手は「華麗なドライブサーブ」が持ち味!

 

 

サーブレシーブが得意なうえで、自身のサーブもすごいんです。

 

 

急激に変化し落ちるサーブは、相手を切り崩す大事な武器です!

 

 

 

 

もちろん、大学時代ブロック、スパイク、レシーブ賞をとるぐらいのすべてにおいて実力を持っている選手です。

 

これに、身長があったら。。。

 

いえいえ、身長がなくてもこれだけの能力があったら、世界で戦っていけます。

 

 

 

 

自分の持ち味を「スピードとパワー」と話しています。

 

身長がない分、スピードとパワーが必要でしょう!

 

 

海外では男子化が進み、スピードとパワーは必須条件です。

 

 

内瀬戸真美選手のようなスピードとパワーを売りにする選手が育つことは大事になってきます。

 

 

 

 

まとめ

 

 

身長170pとバレーボール選手としては大きくない内瀬戸真美選手。

 

大きくないにも関わらず、スパイクをバシバシ決める。

 

そして、全日本代表の候補にまで選ばれる能力の高さをもっています。

 

 

小さな巨人と言われる内瀬戸真美選手。

 

 

スピードとパワーを武器に日本国内だけでなく、世界を相手にしても戦えることでしょう!

 

 

 

 

 

 


木村沙織選手 迫田さおり選手 鍋谷 友理枝選手 宮下遥選手 長岡 望悠選手 バレー美女まとめ