山口舞バレー選手の忍者的動きがすごい!ベテランのなせる技!

注目記事!!

山口舞バレー選手の忍者的動きがすごい!ベテランのなせる技!

style="display:block"
data-ad-client="ca-pub-1330503384741888"
data-ad-slot="3857135253"
data-ad-format="link">

 

スポーツでは、ベテランと呼ばれる時期が来る。そして、ベテランは派手な活躍をすることはないが、大事なところで決めてくれる。
みていて安心感があるのもベテランならではだ。

 

全日本代表のベテラン、山口舞選手もその一人だ。

 

テレビで初めて見たときは、トーク番組でした。

 

落ち着いて話していて、ほかの若手と違った雰囲気を持っている人だなという感想でした。

 

スポーツにおいて30歳を超えると引退を考える時期ですが、山口舞選手は、全日本代表選手として、活躍しています。

 

 

山口舞選手のプレースタイルから、相手チームからは忍者とばれ、嫌がられているそうだ。

 

 

山口舞選手について調べてみました。

 

 

 

山口 舞選手プロフィール

 

 

山口 舞(やまぐち まい)

 

 

生年月日:1983年7月3日(32歳)

 

出身地:三重県志摩郡志摩町(現志摩市)

 

 

身長:176cm

 

体重:62kg

 

血液型:O型

 

所属先:岡山シーガルズ

 

利き手:右

 

始めたきっかけ〜 現在

 

小学校4年生の時に、友人から誘われたのがバレーボールを始めたきっかけ。
それまでは、水泳をしていたそうだ。

 

高校卒業後は、シーガルズ(現岡山シーガルズ)に入団します。

 

2009年には全日本代表メンバーに登録され、デビューを果たします。
2010年の世界選手権銅メダル獲得に大きく貢献した。

 

2012年のオリンピック予選、オリンピックに出場。

 

銅メダル獲得に貢献します。

 

 

 

山口舞選手のあだ名「忍者」

 

山口舞選手は、試合中の変幻自在で予測不能な動作から、相手から「忍者」と呼ばれ嫌がられています。

 

176センチとアタッカーとしては、小柄なほう。

 

しかし、小柄な身長を生かし、味方の背後で身をひそめ、すっと飛び出してアタックを決めたり、

 

時間差でのスパイク!クイックプレーなどを行う。

 

相手チームは予想できない動きのため、対処しずらいようだ。

 

山口舞選手は、あらゆるポジションをこなせる器用さがある。

 

眞鍋監督の「ハイブリット6」の全員が攻撃するという戦術にピッタリの選手と言える。

 

最後に

 

山口舞さんのプレーは攻撃的ですが、

 

好きな色は水色とピンク、好きな食べ物はいちご大福と女性らしい一面もあります。

 

 

変幻自在のプレーにより海外選手から「忍者」というあだ名で嫌がられている、山口舞選手。
2016年に行われる、アジア最終予選にも登録されています。

 

2016年のリオオリンピック出場に向けての予選やリオオリンピックでの活躍が期待されます。

 

 

 


木村沙織選手 迫田さおり選手 鍋谷 友理枝選手 宮下遥選手 長岡 望悠選手 バレー美女まとめ