荒木絵里香のバレー選手生活。主産をしたママは強い!

注目記事!!

荒木絵里香のバレー選手生活。主産をしたママは強い!

 

結婚、出産、引退。。。。

 

いえいえ、引退していません。現役復帰しましたよ!

 

 

荒木 絵里香選手。

 

ロンドンオリンピックで活躍した荒木 絵里香選手。

 

結婚してから、出産して、引退を考えたわけですが、

 

母親や旦那さんの助けもあり、現役に戻りました。

 

 

2015年/2016年のプレミアリーグでブロック賞を獲得しました♪

 

2016年のアジア最終予選にも選ばれており、木村沙織選手の支えとして期待されています。
戦うママは、オリンピックの場でも活躍が期待されています。

 

 

旦那さんは、
ラグビー選手の四宮洋平(しのみや ようへい)さん。

 

 

 

 

荒木 絵里香プロフィール

 

 

荒木 絵里香(あらき えりか)

 

生年月日:1984年8月3日(31歳)

 

出身地:岡山県倉敷市

 

身長:186cm

 

体重:79kg

 

血液型:O型

 

所属先:上尾メディックス

 

 

 

始めたきっかけ〜現在

 

父親はラグビーを名門早稲田大学で、母親は体育教員という体育会系の家で生まれました。

 

その影響もあり、運動神経が抜群でした。

 

バレーボールは小学校5年生から始めました。
全日本代表で選ばれている選手としては、始めるのは、遅いほうですね。大体1年生か3年生ぐらいから始めていますから。

 

荒木 絵里香選手は、キャリアなど関係なく、中学時代から注目を浴びており、オリンピック有望選手に選ばれています。

 

高校に進学して、春高バレー・インターハイ・国体優勝の高校3冠をとることに貢献した。
高校
成徳学園高校(現・下北沢成徳高校)
チームメイトに元全日本代表の大山加奈がいた。

 

高校卒業後には、東レ・アローズに入団します。

 

入団1年目から活躍していきます。

 

スパイク賞、ブロック賞、サーブ賞の個人タイトル3冠と敢闘賞、ベスト6賞など様々な賞を獲得していきます。

 

2013年には出産のため
東レ・アローズを退団。
2014年には出産。

 

引退を思わせたが、2014年には現役復帰した。

 

2016年のアジア最終予選の代表メンバーに選ばれています。

 

 

 

まとめ

 

体育会系の一家で生まれた、荒木絵里香選手。

 

旦那さんもラグビー選手。

 

出産を終え、選手として現役復帰を果たしました。

 

代表選手としても選ばれており、これからの代表チームの大黒柱として期待されています。

 

また、荒木絵里香さんの、パワフルプレーとパワフルガッツポーズが見れますね!


木村沙織選手 迫田さおり選手 鍋谷 友理枝選手 宮下遥選手 長岡 望悠選手 バレー美女まとめ